Growthwell

©2017 Growthwell Inc.

Growthwell


MBA

Philosophy

企業理念

私たちは、人や組織や事業にブレークスルー(圧倒的な成長)を起こすことで社会へ貢献します。そのために必要なのは、答えのない、先の見えないこれからの時代の中で、既存の枠組みに捕らわれずに、目的達成に必要な能力を学び続けながら世界をマーケットとして捉えられる総合人材だと考えています。そうした総合人材が同じ方向性に向かって自発的に活動し続ける強い理想的な組織づくりを行います。

Mission

使命

私たちは、クライアントの業績を向上させ続けるための知識・スキル・マインドセットを提供します。そのために、全てのスタッフはプロとしてスキルとチームワークを最大限に高め合うための努力を惜しみなく絶えず行い続けます。

Vision

将来像

クライアントの企業活動からだけでは得られない、圧倒的な成長を促進させるのが私たちのあり方です。

Value

存在価値

私たちは、あらゆる課題に対して、経営者や現場と一体になって、 自立総合成長が習慣化された組織を作る存在であります。

Business result

お取り引き実績

株式会社トランク
株式会社GIG
株式会社パジャ・ポス
株式会社メディプラス
株式会社ISAO
ソウルドアウト株式会社
株式会社マスターマインズ
株式会社プラスワンインターナショナル

Back number

メルマガバックナンバー

  1. #03 『なぜ1分で話せる事業計画以外は失敗するのか?』

    2017.10.30

    #03 『なぜ1分で話せる事業計画以外は失敗するのか?』

    2017.10.30

    早速ですが、
    「エレベータートーク」という言葉を
    聞いたことがありますか?

    もし知らなければ、
    今日この瞬間に
    完全に理解しておいてください。

    知らないままだと
    損をしっぱなしに
    なってしまいます。

    エレベータートークとは、
    数十秒で説明したり、説得したりする
    プレゼン能力のことです。

    エレベーターを待っている間から
    目的階に到着するまでの時間は、
    階にもよりますが、約1分。

    もし、会いたかったキーパーソンを
    エレベーターの前で発見したら、

    そこで使える1分間を
    最大限に利用して、

    説明したり
    説得したりする必要があります。

    1分間で相手の興味を
    引き出せるか?

    面白そうだ、
    あとで詳しく説明にきてよ、

    ・・・と、言わせられるかどうか?

    この能力の有無が
    ビジネスの行く末を左右すると言っても
    言い過ぎではありません。

    そんなエレベータートーク、
    実は「良い事業計画」と
    密接な関連があります。

    優れた事業計画は、
    ひとことで表現できるからです。

    逆の視点から言いましょう。

    ダメな事業計画は、
    1分で説明することが
    できないものです。

    事業計画とは、

    経営者の夢やロマンを
    ビジネス語に翻訳した
    「みちしるべ」です。

    成功はこっちですよ、と、
    明確に矢印がなければなりません。

    例を挙げましょう。

    ITネットワーク機器大手の
    シスコシステムズ。

    成長の立役者の
    ジョン・チェンバースは、

    こんなエレベータートークで
    資金を調達したと言われています。

    「我々はネットワークを
    ネットワーキングします。
    出資してくれませんか?」

    とてもシンプルで、
    10秒もかからないプレゼンです。

    当時、ローカルのネットワークが
    普及しつつあった時代です。

    グローバルなインターネットと
    ローカルネットワークを
    どのようにつなげるか?

    さまざまな規格が乱立し、
    たくさんの技術者が
    頭を抱えていたときです。

    このトークは、自分たちが
    何をやろうとしているか、
    すぐにわかります。

    ご存知のように、シスコは未だに
    企業向け無線LAN、ルーター、
    スイッチのすべての市場で

    シェアNo.1の三冠王です。

    もうひとつの例。

    キャッチコピーの
    お手本としても有名なのが、
    「人の、おしりを洗いたい」です。

    言わずと知れた、
    TOTOのウォシュレットの
    CMに使われたフレーズです。

    当時、おしりは、
    拭くか、あるいは拭かないかの
    選択肢しかありませんでした。

    そこに、ウォシュレットは
    「洗う」という新しい選択肢を
    与えました。

    しかし、そんな
    売れるかどうかわからない便座を
    仕入れてくれる販売店は

    少なかったそうです。

    そこで、TOTOの営業担当者は、
    このキャッチコピーで

    キーパーソンの興味を
    ぐっと惹きつける
    エレベータートークを

    展開したという逸話があります。

    あなたの考える
    ビジネスアイデアは、

    エレベーターに乗っている間に、
    出資してみたいと
    思わせることができるでしょうか?

    もし自信がなければ、
    まだ事業計画の作り込みが
    甘いと言わざるを得ません。

    1分で興味を持ってもらえない
    事業計画は、

    何時間かけて説明しても、
    結果は同じだからです。

    それではどのように
    事業計画を作る必要があるか?

    次回から、
    具体的な秘訣を
    伝授していこうと思います。

  2. #02 『上位0.2%のスキル保持者が知っておくべき「経営のサイクル」とは?』

    2017.10.29

    #02 『上位0.2%のスキル保持者が知っておくべき「経営のサイクル」とは?』

    2017.10.29

    日本人全員の中で、
    あなたのビジネススキルは
    上位何%くらいですか?

    ビジネススキル上位0.2%に
    ポジショニングするための

    必須の知識とは何でしょうか?

    それは
    事業計画作成能力です。

    事業計画とは、
    あなたの夢やロマンを

    ビジネス語に翻訳した
    「みちしるべ」です。

    どんなに熱い想いを持っていても、

    この「みちしるべ」がなければ、
    ビジネスはスタートもできません。

    それでは、今回はあなたのために、
    なぜそんなに事業計画が重要か?
    という話をします。

    あなたは、

    ビジネスが生まれてから
    軌道に乗るまでのサイクルを

    イメージできますか?

    ビジネスは、
    経営者の夢やロマンから
    スタートします。

    こんな商品があればいい、
    こんなサービスを世の中に出したい。

    お金持ちになりたい、というのも、
    立派な夢でありロマンです。

    経営者は、
    その夢やロマンを実現するため、
    ビジネスの言葉に翻訳します。

    それが事業計画です。

    夢やロマンを実現するための
    みちしるべです。

    さて、その事業計画を使って
    何をするか?

    次にすることは、その事業計画を
    お金に変えることです。

    銀行に借りに行ってもいい。

    ベンチャーキャピタルに
    出資を求めてもいい。

    親や友人を
    説得するのでもいい。

    ここがポイントなので、
    しっかりおさえてください。

    お金を集めるフェーズにおいて、
    誰を対象にする場合でも、

    必ず必要になるのが
    事業計画です。

    人は、納得できないものには
    お金を出しません。

    事業計画は出資や融資を
    お願いするときに必要な
    武器なのです。

    晴れて資金調達ができれば、
    そのお金を資産に変えます。

    専門的に言えば、

    貸借対照表(B/S)の
    左上に書いてある現金を、

    左下に書かれる
    資産に変えていきます。

    例えば、
    ビジネスに必要な店舗や備品、
    仕入商品や原材料です。

    その資産を使って、
    今度は売上を作ります。

    その次は、
    売上から利益を出します。

    利益は会計上のものなので、
    現金であるとは限りません。

    利益を、今度は
    現金に変える必要があります。

    その現金を
    さらに資産に投資することで、

    ビジネスの規模を大きくし、
    成長させます。

    いったんまとめましょう。

    経営者には
    夢やロマンがある。

    夢やロマンを、
    まずは事業計画に変える。

    事業計画をお金に変える。

    お金を資産に変え、
    その資産を使って売上を作る。

    売上から利益を出し、
    その利益を現金に変える。

    その現金で資産に投資し、
    ビジネスを成長させる。

    非常に当たり前のサイクルです。

    事業計画に必ず表現されて
    いなければならないストーリーです。

    銀行や投資家は
    このストーリーに対して
    お金を出します。

    でも、これを
    イメージできている経営者は
    ほんのわずかなのです。

    だから、事業計画を
    きちんと作ることができる人が
    少ないのです。

    まずはこのサイクルをしっかりと
    おさえておいてください。

    夢から成長までのこのサイクルを、
    暗唱できるようになるまで
    繰り返し読んでください。

    これを理解しないで
    事業計画を作ろうとしたら、

    断言しますが、
    必ず失敗しますので…。

    次回も引き続き、
    秘訣を伝授していきます。

  3. #01 『90%以上の経営者が修得していないビジネスの必須スキルとは?』

    2017.10.28

    #01 『90%以上の経営者が修得していないビジネスの必須スキルとは?』

    2017.10.28

    さて、突然ですが
    あなたに質問します。

    あなたは、
    事業計画の作り方を知っていますか?

    知っていると答える経営者やビジネスリーダーは、
    実は50%もいません。

    その中でも、
    本当に知っている人はほとんどいません。

    熱心に夢だけを語るというタイプの人、
    あなたの近くにいませんか?

    熱意はあるし、面白そうなアイデアだし、
    その人もわりと優秀な部類である。

    魅力的なビジネスだと感じます。

    でも、お金も人も集まらない。

    ただ、「すごいじゃん」とか、
    「応援するよ」というエールだけが虚しく響く。

    そして、
    なんとなく忘れられ、
    朽ち果てていくビジネスアイデア…。

    夢があっても、
    事業計画の作り方を知らないと、
    往々にしてこのような結果になります。

    ところが、
    90%以上の経営者やビジネスリーダーは、
    事業計画の作り方を知りません。

    セミナーやコンサルを通じて、
    たくさんの経営者やリーダーと接してきた

    わたしの経験から断言できます。

    逆の視点からお話しましょう。

    あなたが事業計画を作る
    スキルを身につけることで、
    どのような効果があるでしょう?

    当たり前の話ですが、
    事業計画の作成に関して、

    世の中のビジネスパーソンの
    上位10%以内にポジショニングできます。

    その他の90%に
    圧倒的なスキルの差を
    誇ることができるのです。

    わたしが行うセミナーの参加者は、
    短期間で平均25%の
    売上げアップを成功させています。

    もともと優秀な経営者や
    職場リーダーだけが
    参加できるセミナーです。

    セミナーでは、
    その実力を最大限に発揮する
    きっかけを提供しているだけです。

    それだけで、
    平均25%の売上アップという
    成果が生まれています。

    このメルマガを
    受信しているあなたは、

    すでに優秀な
    ビジネスパーソンです。

    なかなかの実力者でも
    あるでしょう。

    そんなあなたは、
    事業計画の正しい作り方を
    知る事が必要です。

    ビジネスの世界で
    上位10%に
    ポジショニングすべきです。

    そもそも
    事業計画とは
    なんなのでしょう?

    それは、
    まだ実現していないビジネスの
    「みちしるべ」です。

    あなたのような経営者や
    ビジネスリーダーには、
    叶えたい夢があるはずです。

    その夢を
    ビジネス世界の言語に
    訳したものが事業計画です。

    あなたの夢を
    翻訳した事業計画という
    「みちしるべ」を使うことで、

    初めて、

    たくさんの人にビジョンを示したり、
    資金調達を行ったり、
    仲間を作ったりすることが可能です。

    熱心に夢だけ語るのとでは
    大違いです。

    ビジネスパーソンの
    必須スキルであるにもかかわらず、

    90%以上の人が
    修得していない
    事業計画作成能力。

    これから数回にわたって、
    その秘訣をあなたにお送りします。