記事をシェアする

【2022】メンターの探し方とは?事業や人生を好転させて成長するためのポイント


メンターの探し方




事業は少数の意思決定者、あるいは一人の経営者によって舵取りが行われることが一般的です。事業を効率良くスピーディーに展開する上では効果的である反面、客観性を担保することが難しく、場合によってはリスクの大きな選択を選んでしまう可能性もはらんでいます。




事業や人生において、このようなリスクを軽減する上では、客観的な立場から意見ができる人物や、似たようなキャリアを歩み成功している人物の言動を模倣することが有効です。いわゆる「メンター」と呼ばれる人物と出会うことができれば、確実な成功や成長をものにしやすくなります。




今回は、自身の事業や人生を好転させることのできる重要な案内人となるメンターの探し方や、メンターを最大限活用してより確実な成功を収めるためのポイントについて解説します。




メンターとは




メンター(mentor)は和訳すると「指導者」という意味になりますが、一般的には仕事のことからプライベートの事柄に至るまで、何でも相談ができる人物のことを指します。




メンターは職業ではなく、誰もがメンターとなることができますし、メンターを探すことができます。メンターから教えを受ける人のことを「メンティー」と呼び、友人や家族のように、メンターとメンティーは人間関係の一種として築かれます。




事業に成功しているなどの要素はもちろん、人として尊敬や賛辞が集められている人がメンターとして選ばれやすく、「この人は自分と似ている」「あの人こそ自分が憧れる人物像だ」という人にメンターとなってもらうことをメンティーは望みます。




メンターという肩書きは自称するものではないため、メンティーが「メンターになって欲しい」という意思を表示し、受け入れてもらえれば、誰にでもメンターとなってもらえます。




コーチとの違い




メンターと同じく注目されている指導者的ポジションに「コーチ」と呼ばれる肩書きがあります。




メンターとコーチは、どちらもメンティーやクライアントの自主性を尊重したポジションであるという共通点を持ち、具体的な指示を届けるというよりも、対話の中でより良い答えを導けるよう促すことが狙いです。




メンターとコーチの違いは、相談内容のスケールの大きさが挙げられます。メンターは仕事からプライベートまで、人生全般の悩みを相談したりアドバイスを受けたりすることが求められる反面、コーチは具体的な目標達成のために起用されます。




また、メンターは数年〜十数年に渡って人間関係を築きながら付き合う一方、コーチは短期の目標達成に向けた活動が主になります。メンターは自身がメンティーのロールモデルにもなれる一方、コーチはあくまで目標達成に向けた助言や技術的なアドバイスに留まるため、あまりプライベートなレベルまで踏み込むことはありません。




コンサルタントとの違い




助言を送る立場の人には、メンターやコーチの他にもコンサルタントの存在が挙げられます。




コンサルタントは上述した2つよりも、より問題解決に焦点を当てたサービスを提供し、クライアントに先立って行動してくれる存在です。メンターのように精神的なケアを業務として担当してくれるわけではありませんが、特定の業務課題を解決するプロとして、真剣に向き合ってもらうことができます。




自社で問題を解決できる人がいなかったり、事業のどこに問題があるのかがわからなかったりする場合、コンサルタントの客観的なアドバイスと問題解決能力が役に立ちます。




メンターが必要である理由




ただ事業を成功に導くだけであれば、問題解決に特化したコンサルタントだけで事足りるはずです。しかし、それでも多くの経営者や会社員の方がメンターを必要としているのには、どのような理由があるのでしょうか?




主観的な意思決定には限界があるから




メンターが必要とされる1つ目の理由は、自分一人で決定する意思決定には限界があるためです。




中小企業経営者の多くは、意思決定を自分、あるいは複数の人で行うことで、軸をブラさずスピーディーに施策を実行できる仕組みを採用しています。速やかな成長を促せる反面、この方式では意思決定者の判断に事業の行方が大いに左右されているため、高度に属人化した脆弱な組織文化が根付いてしまうリスクを抱えています。




意思決定のリスクを大きくしない上では、常に経営者がフラットで健全な環境にあることが求められますが、その上で役に立つのがメンターです。事業についての相談ができることはもちろん、意思決定に影響を与えるようなプライベートでの出来事やストレスを共有する上で、メンターの存在は非常に重宝します。




先人と同じ失敗を犯さないため




歴史の浅いベンチャー企業などでは、事業における新規性が高く評価されて成長しやすい反面、その領域におけるノウハウの蓄積が少なく、大きなミスを踏んでしまうリスクをはらんでいます。大企業と比べて、失敗を犯した際に挽回できる機会は限られてくるため、そのリスクをできるだけ回避することが重要です。




自身の活動に近い形で成功してきた人物をメンターに据えることで、自身のロールモデルとして先人が犯したミスを学びあらかじめリスクを回避したり、より大きな成長を遂げられる選択を選べたりするようになります。




自分に足りないスキルセットを把握するため




自分が理想とする人物をメンターにすることができれば、彼らを目指して自分のスキルセットを育てていけば良いので、高いモチベーションで成長に励むと共に、自分に足りないものを具体的に把握できます。




どのような資格や意思決定能力を持っているのか、あるいはどのような性格でどのような人と付き合っているのかなど、公私を問わずロールモデルから盗めるものはどんどん盗んでいくことで、自身の確実な成長を促すことができます。




メンターが与えてくれるメリット




理想的なメンターを探し、関係を築いていくことによって、多様な恩恵に預かることができます。以下は主なメリットです。




自分が求めるべき理想の姿を発見できる




自身のロールモデルとなる人物にメンターになってもらうことができれば、自分がどんな姿を目指せば良いのか、どんな目標を持てば良いのかの具体的な参考にすることができます。




ある程度成果を出し、次に自分が目指すべき目標がわからなくなっている場合、頼れるメンターが近くにいれば、自分が目指すべき方向性を常に具体的に持つことが可能になります。




最短距離で目標に到達できる




目標達成には試行錯誤が必要ですが、がむしゃらに取り組んでいてはかえって遠回りとなる可能性もあります。自身の理想を実現した人物がメンターとなれば、彼らがこれまでに取り組んできたことの後を追うように実践することで、目標へ近づくことができます。




最短距離で目標に到達する、というのはズボラをしているようにも聞こえますが、目標達成のために効率的な手段を採用できることも、意思決定者に求められる能力の一つです。合理的な選択を促してくれる人物にメンターになってもらいましょう。




高いモチベーションを維持できる




仕事やプライベートについて、気軽に相談でき、自分の成長を促してくれる人物が近くにいれば、気持ちに高低差がなくなり、常に高いモチベーションを維持しやすくなります。




感情の起伏が激しい人ほど、周りの人間のサポートを必要としているものです。自分が頼りたいと思える人物にメンターとなってもらうことで、人間として一皮剥けるきっかけを得られます。




メンターを探す際の条件




メンターは地位や役職に関係なく、誰にでもなってもらうことのできる友人のような存在です。自分に合ったメンターを探す場合、以下の2つの条件を念頭に置いておくことで、最適な人物をピックアップすることができます。




自分が求める結果に到達している




1つ目のポイントは、その人物が自分の追い求める夢や結果をすでに得ているかどうかです。今よりも優れた社会的な成功を求める場合、自分より成功している人物、あるいは自分とは異なる領域で結果を残し、話を聞いてみたいと思わせる人物であることが重要です。




自分が今何を欲しているのか、という欲求の部分から逆算し、どんな人物がそれに当てはまるのかを一度振り返ってみると良いでしょう。




人として尊敬(好感)を持てる人物である




ただ成功を収めているかどうかでメンターを探していると、公私を問わず付き合える人物に巡り合うことは難しいものです。メンター探しに置いて重要なのが、自分が心を許せる人物、言い換えれば、人として尊敬ができる人物かどうかを重視することです。




人間として信頼できるからこそ、彼らのアドバイスを素直に受け入れ、自分が抱えている根源的な悩みも吐き出せるものです。心を開いて接することのできる人物を探すと良いでしょう。




成果につながるメンターの探し方




上記のような条件を満たしつつ、より理想的なメンターを探すためには、その探し方にも工夫が求められます。どのような探し方をすれば良いのか、ポイントを解説していきます。




具体的な目標や理想をあらかじめ固めておく




メンター探しの前には、まず自分が掲げる目標や理想を固めておきましょう。自分の中で成功や成長の目標地点が具体的ではないと、イメージに合致するメンターを探し出すことが難しいからです。




「年商10億円達成」「世界50か国に拠点を設立」など、言語化できる、あるいは数値化できる目標を掲げ、それらの基準を満たしたメンター探しに取り組んでみてください。




その分野で成果を獲得している人物についてリサーチする




具体的な目標が固まったら、とにかくその領域で活躍している人物を徹底的に洗い出すことが大切です。人物のピックアップができたら、彼らの活動内容やSNS、人柄などについて細かく深掘りしていきましょう。




最新の活動や書籍などを参考にすることで、尊敬できる人物かどうかを感覚的に把握できるようになっていきます。その人物のファンになれるかどうか、自分に問うていく姿勢が大切です。




メンターとなり得る人物との接点を設ける




この人こそ自分のメンターにふさわしいと感じたら、とにかく接点を設けてコミュニケーションを取ることが重要です。現代はインターネットが広く普及しているため、以前にもまして人と容易に接点を持つことができるようになりました。




SNSでコンタクトを試みたり、オフラインイベントに参加して話しかけてみたり、交流ができる機会を持ちましょう。




自分なりに目標に向かってあらかじめ行動してみる




メンターはあくまでも自身の自主性を育んでくれる存在であるため、自分がメンターに依存していては、目標を達成することはできません。まずは目標に向かって自分なりに行動し、どこまでたどりつけるのかチャレンジしてみることが大切です。




その過程で得られた失敗や成功の経験を糧にしながら、メンター探しを進めましょう。




成長に必要なメンティーとしての心構え




メンターと良好な関係を築くためには、メンティーとして理想的な人となることも求められます。ただメンターから与えてもらうだけでなく、メンターとメンティーでギブアンドテイクの関係となれるよう、主体的に取り組みましょう。




メンターにとって魅力的な人間となれるよう行動する




メンターと良好な関係を築くためには、自分なりに魅力的な人となれるよう行動することが大切です。




多くの人に尊敬されている人物は、あなた以外にも多くの人からアドバイスを求められたり、メンターになって欲しいと頼まれたりしているケースがほとんどです。ただメンターになって欲しいと依頼するだけでは、軽くあしらわれてしまうこともあります。




メンターにとって有益な存在、あるいは目をかけてもらえるような存在になれるよう努力することで、健全な関係を築くことができます。




メンターは一人であるとは限らない




メンターは「ただ一人の恩師」というイメージも持たれがちですが、実際には何人いても問題はありません。むしろ、自分の人生のステップや相談したい領域に合わせて最適な人物にメンターになってもらえた方が、多くの意見を参考にできるため良いかもしれません。




複数の人物にメンターとなってもらえるようアプローチし、自分との相性も確かめながら関係構築に動いていきましょう。




自分のステップに応じたメンター選びを心がける




目標達成は一朝一夕で成し遂げられるものではなく、段階的に追い求めることが必要です。各段階では異なる試練が待ち受けているため、多様なアプローチを試行錯誤しながら乗り越えていく必要があります。




現在の自分が必要なステップに応じて最適なメンターと巡り合えるようになれば、一人のメンターに継続して相談するよりも確かな成果が得られます。メンターたちが経験してきたノウハウを自分なりにまとめていくことで、より優れた人物として成長していくことができるでしょう。




まとめ




メンターはプライベートとビジネスを問わない付き合い方が求められるため、必ずしもメンターが必要なときに自分に最適な人物とであるとは限らないのが難しいところです。必要なときにいつでも相談できる人物にメンターとなってもらうためには、自身と相性の良さそうな人物と日頃からコミュニケーションの機会を増やしておくような活動が重要です。




当社グロースウェルでは、中小企業およびスタートアップ企業における経営者向けコーチングや、アドバイザリーを長年勤めてきた経験豊富な人物がメンターとして迎えてもらえるよう、クライアントと長期的な関係を築けるサービスの提供に努めています。




お気軽にコンタクトを取ってもらえるよう、弊社では無料の初回ミーティングサービスも提供しています。より人脈を広げ、さらなる成長の機会を増やしたいとお考えの際には、お気軽にご相談ください。